『飛べ!「はやぶさ」─小惑星探査機60億キロ奇跡の大冒険』

『飛べ!「はやぶさ」─小惑星探査機60億キロ奇跡の大冒険』
松浦晋也
学習研究社 (2011/4/20)

p.26 
 〜はやぶさのおつかいの、なんとささやかなことでしょう。
しかし、胸を張りましょう。ささやかに見えても、はやぶさの旅は、たしかに人類が太陽系のほか
の天体に向けていった、「はじめてのおつかい」だったのです。力一杯の試みだったのです。

p.165
 中和神社に限らず、運用管制室には、いくつかの神社やお寺のお札があります。〜
 これらの神だのみは、けっして「神様、どうか助けてください」とすがるものではありません。
やれることはすべてやったのか、と確認する意味があります。「もうあとは神だのみしかない」と
いうぎりぎりのところまで、やるべきことをやったか、と運用チームのメンバーがそれぞれ心の中
で自問自答するためのお札なのです。

タグ: